ダイエット中の夕食は食べたほうが良い!? 夜食べるときのルール

nood公式

ダイエット中は、ヘルシーで栄養の偏りのない食生活を送ることが重要です。

とはいえ、仕事を終えて疲れていたり、家事で慌ただしかったりすると、手の込んだ夕飯を支度するのは面倒になってしまうことも。また、ダイエット中であっても飲み会や友人とのごはんに参加しなければならないこともあるかと思います。

そこで今回は、ダイエット中の夕食で気をつけるべきポイントや、夜食べるときのルールをご紹介します。

ダイエット中の夕食は何に気をつけるべき?

ダイエット中だからと夕食を抜いてしまうと、空腹感に悩まされて寝付けなくなったりすることも。ただし、食べ過ぎも胃に負担がかかって睡眠の質が下がったりするため、腹八分目の夕食がベストです。

ダイエット中でも遅い時間でなければ夕食を抜いたりせず、腹八分目の食事で、質の良い睡眠を目指しましょう 。

ダイエット中の夕食ルール

〇夜の外食は早めにカロリー調整

夜に外食の予定が入ることもあるかと思いますが、そんなときには思いきり美味しいものを食べてダイエット中のストレスを発散しましょう。ただ外食の予定がある日は昼食を少なめにしたり、外食した日の前後は普段よりも運動を多めに行うなど、あらかじめ調整しておくと罪悪感少なく食事を楽しめます。

〇お酒の席でのおつまみに注意

ダイエット中も、まわりとの付き合いや一息つくために、たしなむ程度の適度なお酒は必要でしょう。ただお酒を飲む場合に注意してほしいのが、飲みながらの食事やおつまみです。

お酒を飲みながらだとついつい食が進んでしまいがちですが、揚げ物やご飯ものはできるだけ避け、きゅうりの漬物など比較的低カロリーのメニューを注文するようにしましょう。

〇寝る3時間前まで食事を終わらせる

就寝に近い時間の夕食や夜食は出来るだけ控え、胃に負担がかからないようにしましょう。

消化活動によって睡眠が妨げられてしまうため、ダイエット中のデリケートな体に暴飲暴食は天敵です。

ダイエット中でも夕食はきちんと食べよう

いかがでしたか?ダイエット中だからといって夕食を抜くのはNG。

また、ダイエット中は食事量を減らしがちですが、栄養不足にならないよう、野菜を中心にバランス良く摂取するように心がけてくださいね。

投稿ID:1034