筋肉が痙攣する原因とは?手軽にできる3つの予防法も紹介!

nood公式

「なぜ筋肉は痙攣するの?予防法ってあるのかな」なんて、お調べですね。

筋肉の痙攣を予防できる方法があるなら、ぜひ知って実践したいことだと思います。

実は、日常生活で筋肉が痙攣する原因は、運動に伴うもののほか、理由が不明なものもあり、紹介する3つの方法を実践すれば、筋肉の痙攣を予防できる可能性が高いです。

この記事では、筋肉が痙攣する原因や予防法を紹介します。

筋肉が痙攣した時の対処法もしっかり押さえて、安全かつ冷静に対応していきましょう!

1. 筋肉が痙攣する原因とは?

そもそも筋肉の痙攣とは、自分の意思とは無関係にあらわれる筋肉の動きの一つであり、筋肉の収縮が続く状態のことです。

また筋肉の痙攣は、しばしば「筋肉がつる」とも呼ばれています。

通常は中高年の人によく見られますが、健康な人や若い人に起こることもあるのです。

ここでは、そんな筋肉の痙攣が起こる一般的な原因として分かっているものを、以下の通り紹介します。

  1. 過度の運動による筋肉疲労

上記が、日々の生活上で考えられる一般的な原因です。

それでは、原因を詳しく見ていきましょう。

(1) 過度の運動による筋肉疲労

過度に運動することによる筋肉の疲労は、筋肉の痙攣を引き起こす原因です。

通常時、筋肉は神経からの命令によって収縮します。

ところが、過度に運動することによって筋肉に疲労が起こると、命令伝達に関係する筋肉内のカルシウムやマグネシウムなどのバランスが乱れる可能性があるのです。

これによって、自分の意思とは関係なく筋肉の収縮が引き起こされて、痙攣があらわれることがあります。

以上、日常生活で考えられる筋肉の痙攣が起こる原因を紹介しました。

ここで「筋肉の痙攣を予防できる方法ってあるかしら?」と疑問に思う人も多いはずです。

ここからは、そんな日常生活で筋肉の痙攣を予防する方法を確認しておきましょう。

2. 手軽にできる!筋肉の痙攣を予防する方法は?

日常生活で起こる筋肉の痙攣を予防する方法として、以下の3つを紹介します。

  1. 準備運動・マッサージ・ミネラル補給をする
  2. 目を休める・室内の乾燥を防ぐ
  3. ストレスを溜めないように工夫する

これら3つの方法を押さえて、日常生活で筋肉の痙攣を防ぐ効果が期待できます。

それでは、それぞれの予防法を順番に見ていきましょう。

(1) 準備運動・マッサージ・ミネラル補給をする

スポーツや立ち仕事などをする前後には、準備運動・マッサージ・ミネラル補給を工夫して取り入れるようにしましょう。

急にスポーツを始めたり、長時間立ち仕事を始めたりすると、筋肉の痙攣の症状である「足のつり」が起こりやすくなるためです。

そのため、上記のような運動を始める時には、あらかじめ準備運動をするようにしましょう。

ここでは、準備運動の一環としてランナーがしばしば行うストレッチを、以下の手順で紹介します。

  1. 片脚を前に出して膝を曲げる
  2. 後方の脚は、膝を伸ばした状態で立つ
  3. 両足のかかとは床に付けたままにする
  4. 後方の脚の後ろ側が伸びるのを感じるまで、前脚の膝を深く曲げる
  5. 姿勢を30秒保つ
  6. 5回ほど繰り返す

これら6つの手順で、ふくらはぎのストレッチに取り組んでみましょう。

反対側でも同じ手順で行うと良いです。

このストレッチは、ふくらはぎの痙攣を予防する効果が期待されています。

合わせて、不足しているミネラルの補給もおすすめです。

とりわけカルシウムが多く含まれる牛乳や魚類や、マグネシウムが多く含まれるアーモンドや大豆や貝類などを摂取すると効果が期待できるでしょう。

加えて、入浴をすることによって、筋肉の疲労を取り除くことも効果的です。

(2) 目を休める・室内の乾燥を防ぐ

はじめに、電子機器の操作などで長時間にわたって目を使いすぎた後は、目を休めるようにしましょう。

ここでの目安は、1時間ごとに15分ほどの休憩です。

休憩中における工夫として、マッサージのほか蒸しタオルをまぶたに乗せて、目の周りを温めてあげることが効果的です。

ここでは、簡単にできる目のマッサージを、以下の手順で紹介します。

  1. 人差し指の第二関節を使う
  2. 第二関節で眉頭を押してほぐしていく
  3. 痛気持ち良いと感じる部分を探しながらほぐすことを意識する

これら3つの手順で、目をマッサージしてみましょう。

とりわけ、パソコンやスマホなどの電子機器を頻繁に使用する人や目の疲れが気になる人に取り組んでほしいマッサージです。

目の疲れを感じたら、こまめにマッサージでケアをして、スッキリした目を保ちましょう。

ここでもう一つ、目の疲労回復効果が期待されている体操を、以下の手順で紹介します。

  1. 5秒間、目をギュッと閉じる
  2. 5秒間、目を思いきり見開く
  3. 眼球だけを上下左右に動かす

これら3つの手順で、目の体操に取り組んでみましょう。

とりわけ、パソコンやスマホなどの電子機器を頻繁に使用する人や目の疲れが気になる人に取り組んでほしい体操です。

目の体操中、上を見るときには、おでこを動かさず、あくまで眼球だけを動かすように意識してみてください。

このように簡単にできる体操なので、目の疲れを感じたら、こまめに取り組んでみましょう。

ちなみに、目を保護するという意味合いでは、ブルーライトメガネを使用することでも、良い効果が期待されています。

そのため、パソコンやスマホなどの電子機器を頻繁に使う人は、ブルーライトメガネを取り入れてみてはいかがでしょうか。

次に、加湿器などを使用することで、目を乾燥させないように工夫しましょう。

合わせて、エアコンやストーブなどからは距離を取り、風邪が直接当たらないように注意することでも、良い効果が期待できます。

そして、目の健康に良い効果があるとされるビタミンA、C、E、B群の摂取もオススメです。

(3) ストレスを溜めないように工夫する

日々の生活の中で、できるだけストレスを溜めないように工夫しましょう。

なぜなら、ストレスが一因となり、筋肉の痙攣を引き起こしたり、症状を悪化させたりすると考えられているためです。

そのため、筋肉の痙攣を防ぐためには、ストレスを上手く発散させていきましょう。

例えば、あなたが気分転換できる趣味を見つけることが効果的です。

そのほかにも、ウォーキングやジョギングなどの有酸素性運動を取り入れることで、ストレス解消効果が期待できます。

加えて、ストレス解消に効果的な、気分をスッキリさせるストレッチも良いです。

ここでは、気分をスッキリさせる効果が期待できる呼吸筋のストレッチを、以下の手順で紹介します。

  1. 椅子に浅く座る
  2. 手を後ろで組み、胸を開く
  3. 肩甲骨を寄せながら、腕の伸びを感じる
  4. ゆっくりと戻していく

これら4つの手順で、呼吸筋のストレッチに取り組んでみましょう。

ストレッチ中は、常に良い姿勢を保つことや、ゆっくりかつ自然な呼吸のリズムを意識することがポイントです。

ここで紹介する呼吸筋のストレッチは、緊張や不安を解きほぐす効果が期待されていたり、ストレスを緩和する効果が期待されていたりします。

それだけでなく、肺の老化予防効果も期待できるので、取り組んでみてはいかがでしょうか。

自分に合ったストレス解消の手段を見つけることで、ストレスに上手く対応していきましょう。

以上、日常生活で筋肉の痙攣を予防する方法を紹介しました。

ここで「筋肉に痙攣があらわれたときはどうしたら良いの?」と疑問に思う人も多いはずです。

それでは最後に、筋肉が痙攣する症状があらわれたときの対処法について確認しておきましょう。

3. 筋肉が痙攣したときは病院での診察が大切!

筋肉が痙攣する症状があらわれたら、早めに内科や脳外科を受診しましょう。

次に足などの筋肉がつる症状が繰り返し起きている場合にも、何らかの疾患が隠れていることが考えられます。

そのため、上記のような場合でも早急に医療機関で検査を受けるようにしてください。

まとめ

筋肉の痙攣は、運動に伴うもののほか、理由が不明なものがあることが分かっています。

そこで、この記事で紹介した3つの方法の実践がおすすめです。

つまり、準備運動やマッサージやミネラル補給をしたり、目を休めたり室内の乾燥を防いだり、ストレスを溜めない工夫などで、筋肉の痙攣を予防する効果が期待されています。

上記の筋肉の痙攣を予防する3つの方法を押さえて、日々の生活に取り入れていきましょう。

ただし、筋肉の痙攣には、何らかの疾患が隠れている場合もあります。

もしも筋肉が痙攣を起こした場合には、早急に医療機関を受診してくださいね。

健康に気を配る人にはFiNCアプリがおすすめ!

健康に気を配るなら、普段の生活にFiNCアプリを取り入れてみませんか?

FiNCアプリを使えば、毎日の体重や歩数を管理でき、消費したカロリーや目標歩数まであとどれぐらいかを確認することができます。

ただ歩数を管理するだけでなく、歩数に応じてアプリで使えるポイントも手に入ります!

貯まったポイントはFiNCモール内で1ポイント=1円として使えますよ!

また、歩数管理のほかにも、健康になるためのアドバイスを受け取ることができます。

歩数の管理もできて、しかもお得なポイントももらえるFiNCアプリを試してみてください!

投稿ID:11130