むくみが気になる人にはお風呂がおすすめ!むくみ改善6つの入浴法

nood公式

体がむくむと、いつもより太って見えて悩んでしまいますよね。特に、デスクワークや立ち仕事など、同じ姿勢で仕事をすることが多い女性はむくみやすいことでしょう。むくみさえ改善できれば少しはスタイルアップにつながるかも!

今回は、むくみに悩む女性に向けて、むくみ改善のためのお風呂の入り方をご紹介します。お風呂でスリムになってみませんか?

◼︎むくみ改善法1.「お風呂の温度は適正温度で」

むくみを改善するためにはお風呂のお湯の温度を適正温度に保つ必要があります。適正温度とは、37℃から39℃のぬるめの温度です。熱すぎるお湯では血行を促す前にのぼせてしまいます。皮膚にも負担がかかるでしょう。

適正温度のお風呂にゆっくり浸かることで血流の改善が期待できます。 おおよそ20分から30分間ぬるめのお風呂に入ってください。1日の疲れを癒すとともに、むくみ改善も期待できるでしょう。

もしも時間の関係で入浴時間が確保できないなら、足湯もおすすめです。足だけ浸かるだけなら、作業をしながらでもできますね。足を温めるだけでもむくみ改善には効果が期待できます 。むくみだけではなく冷え性改善にも役立つでしょう。

むくみ改善法2.「お風呂の中でリンパマッサージ」

むくみ改善に効果が期待できる方法の1つとして、湯船の中でのリンパマッサージがあります。リンパの流れを潤滑にすることで老廃物が徐々に流れていきます。足の指の間のマッサージや、ふくらはぎのマッサージ、膝の裏のマッサージなどをおこないましょう。

湯船の中でリンパマッサージをおこなうことで、発汗作用が高まり美肌効果も期待できます。マッサージで少し体力も使うので、安眠効果にもつながるでしょう。お風呂の中でのマッサージは女性に嬉しい効果がたくさん期待できますね。

むくみ改善法3.「炭酸ガス入浴剤のお風呂」

普通のお風呂もいいのですが、炭酸ガスの入浴剤を入れたお風呂は、むくみ改善により効果が期待できます。 炭酸ガスには、温浴効果を高め、血行を促す作用があります。むくみの原因となっている老廃物は血行が良くなることで徐々に流れていきます。

炭酸ガスは湯船に溶かすことで、皮膚から体内に入り込みます。 ぬるめのお湯のお風呂に少し長めに入ることで、炭酸ガスは体内に入り込み、血行を促進しむくみが改善しやすくなるでしょう。

そして、香りのある炭酸ガス入浴剤を利用することで、気持ちもリラックスしていくでしょう。日ごろ疲れを溜め込んでいる女性には、炭酸ガス入浴剤がむくみ改善&リフレッシュに役立ちおすすめです。

むくみ改善法4.「お風呂では足を高めに」

血液の流れを良くするためには、足を少し高く上げて入浴することもおすすめです。血液の流れの滞りを防止するためにもいいでしょう。そのため、入浴後の就寝時にも少し足を高くして寝るといいかもしれません。 翌日の足のむくみの予防につながります。

お風呂でリンパマッサージをする場合には、手を足のほうに下げてマッサージするよりも、足を持ち上げて手は下げずにマッサージするといいでしょう。下半身に溜まりがちな血液を、より心臓に運びやすいからです。滞った血液を上手に体内に流す工夫をしてくださいね。

むくみ改善法5.「お風呂での水分補給がむくみ改善に!?」

実は、むくむからといって水分を控えるのは逆効果。血行が良くなっても、老廃物の除去には適度な水分補給が必要なのです。41℃のお湯に10分間入浴すると、300mlの汗をかくと言われています。 そして、入浴中の発汗は血液の粘度を高め血液がドロドロな状態になりがちです。

そのままでは、心筋梗塞や脳卒中などの症状を引き起こす危険性もあります。 むくみ改善を促すためにも入浴前にコップ一杯の水を飲むように心がけてください。入浴の約15分前に飲むのがおすすめです。入浴後にもさらにコップ一杯の水を飲むことで血液の流れをスムーズにする効果が期待できるでしょう。

むくみ改善法6.「お風呂の後には適度なストレッチを」

湯上りの適度なストレッチもむくみ改善にはおすすめです。

血行が悪くなるのは運動不足の可能性もあります。 激しい運動をおこなう必要はありませんが、軽めのストレッチで運動不足の改善をしてください。ストレッチをするなら、仰向けに横になり、手と足を上に上げてぶらぶらとほぐすといいでしょう。それだけで、手と足が心臓よりも高い位置に置かれるため、血行を促進しむくみ改善に役立ちます。

むくみ改善には毎日のお風呂習慣を!

むくみ改善にはお風呂で温まるのが良いでしょう。シャワーだけでいいやという女性はむくみがどんどん悪化する可能性もあります。季節にかかわらず、毎日湯船に浸かることが大切です。

むくみがちな女性は、体質改善のためにも、毎日の習慣に「お風呂+リンパマッサージ+ストレッチ」を取り入れてみてはいかがでしょうか。

投稿ID:1685