コーヒー摂取でダイエット効果?運動前に飲みたい理由やおすすめの飲み方

nood公式

皆さんは仕事前の朝によくコーヒーを飲むことはありませんか?ちょっとひと息入れたいときにも、コーヒーを活用している人が多いと思います。

さらに、脂肪を消費しやすくなる効果をうたった特保のコーヒーも出ているため、ダイエットを意識している方は興味があるのではないでしょうか。

今回の記事では、コーヒーをダイエットに活用する前に知っておきたい知識を解説します。

コーヒーがダイエットに役立つ理由

コーヒーがダイエットに役立つ理由は2つあります。

それは、コーヒーに含まれる「カフェイン」と「クロロゲン酸」です。

カフェインは、コーヒー以外にお茶やカカオ豆などにも多く含まれている天然の成分です。カフェインを適度に摂取すると眠気覚ましの効果が期待できるのは、皆さんもよく知っていますよね。

また、クロロゲン酸は、血圧の低下作用だけでなく、脂肪の燃焼を助けてくれると考えられています。

コーヒーを活用して効率よくダイエット!

コーヒーが私たちの体にどのような影響を及ぼすのかがわかったら、いよいよダイエットに使ってみましょう。ここからは、脂肪の燃焼を助けてくれるコーヒーを、より効果的に働かせる2つのポイントをご紹介します。

運動の前にコーヒーを

日頃運動をしている場合は、その運動の前にコーヒーを飲めば、さらに効率のいいダイエット効果を期待できます。

ダイエット目的で運動する際には、ストレッチなどをするときに、まずコーヒーを飲む習慣をつけておくのがいいでしょう。

インスタントコーヒーよりも、浅煎りのコーヒーを

コーヒーを飲む際は、インスタントコーヒーやドリップコーヒーよりも、浅煎りコーヒーをおすすめします。

浅煎りコーヒーには、カフェインやクロロゲン酸が多く含まれているからです。インスタントコーヒーやドリップコーヒーは、さまざまな工程を経る中でクロロゲン酸が取り除かれてしまいます。また、深煎りのコーヒーの場合でも、高熱の焙煎のせいでクロロゲン酸のほとんどが消えてしまうのです。

そのため、ダイエット中は、浅煎りのコーヒーを選ぶことをおすすめします。

コーヒーをダイエットに活用するときの注意点

コーヒーとダイエットの関係について説明しましたが、だからといってやみくもにコーヒーを飲めばいいというわけではありません。コーヒーをダイエットの目的で飲みたい場合は、以下のことを知っておきましょう。

コーヒーのダイエット効果はあくまで補助的

まず、コーヒーには直接的なダイエット効果はないということを知っておきましょう。たった1杯のコーヒーで脂肪が燃えて痩せるということではありません。あくまで、運動によるダイエットを行う際の補助的な役割として認識しておきましょう。

コーヒーは脂肪を「分解」するが「燃焼」はしない

先に挙げたコーヒーのダイエットにおける効果で「燃えやすくする」と述べましたが、これはあくまで脂肪を「分解」することを指しています。

よく混同されがちですが、脂肪を「分解」することと「燃焼」することは違うものです。

脂肪の「分解」とは、中性脂肪をグリセロールと遊離脂肪酸に分解すること。そして「燃焼」とは、グリセロールと遊離脂肪酸をエネルギーとして使用することを指し、ここでやっと脂肪がなくなることになります。

つまり、コーヒーに体内の脂肪を燃焼させるほどの効果があるかは明らかになっていないので、コーヒーを飲むだけで体が痩せるという誤解はしないようにしましょう。

コーヒーをダイエットに活用する4か条

最後に、コーヒーを効果的にダイエットに取り入れるために、守っておきたい4つのポイントをまとめておきましょう。

  1. コーヒーには脂肪を燃焼させるダイエット効果はない
  2. コーヒーで脂肪を分解することによって、運動によるダイエット効果を高められる
  3. 運動の前にコーヒーを飲むといい
  4. 浅煎りのコーヒーを飲むといい

コーヒーによる効能を正しく認識して、運動と合わせてダイエットに取り入れてみてくださいね。

参考文献:食品安全委員会ファクトシート:食品中のカフェイン / 「脱カフェインコーヒー豆抽出物の糖質分解酵素阻害活性とクロロゲン酸類の寄与」紙谷有史、岩井和也、福永泰司、木村良太郎、中桐理(UCC 上島珈琲株式会社 R&D センター)  / 「コーヒー中のクロロゲン酸量に及ぼす焙煎時間および抽出条件の影響」高屋むつ子、和泉眞喜子、佐々木 知子(尚絅学院大学)

投稿ID:1785