栄養素たっぷり!豆乳を取り入れたダイエット法とは

nood公式

ダイエットに興味がある人なら、豆乳がダイエットに良いと聞いたことがあるのでは? 特に女性に人気の豆乳ですが、具体的にどうダイエットに「良い」のでしょうか。今回は豆乳がダイエットに良い理由を栄養素から調査し、より効果が期待できる豆乳ダイエットのやり方を3つご紹介します。

豆乳で痩せられる?ダイエットに有効な栄養素とは

何かを食べたり飲んだりするだけで痩せられるとしたら、試してみたくなりますよね。まずは、豆乳がダイエットに関係ありそうな栄養素を見てみましょう。

たんぱく

豆乳に含まれる植物性のたんぱく質は、必須アミノ酸をはじめとする複数のアミノ酸で構成されています。特にダイエットに効果があると言われているのは、大豆たんぱく質の1種である「ベータコングリシニン」です。中性脂肪、内臓脂肪を減らす働きが確認されており、代謝を活発にすることから、体重増加の抑制効果が期待できます 。

サポニン

サポニンには血中の中性脂肪を低下させる作用が期待されており、この作用から太りにくくなると考えられます。

オリゴ糖と食物繊維

オリゴ糖も食物繊維も、善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれます。 腸内環境が整うと便秘が解消され血行が良くなります。

こうしてみると、豆乳はダイエットに効果が期待できる栄養素をたくさん含んでいますね。これ以外にも、豆乳にはさまざまな健康に良い栄養素が含まれています。

豆乳はとにかく体に良い!その他の栄養素は?

イソフラボン

女性ホルモンのエストロゲンに似た構造をしている イソフラボンは、ポリフェノールの一種 で抗酸化作用があり 、ガン予防や糖尿病などの生活習慣予防に効果も期待されています。  また女性ホルモンに似た働きをしてくれるため、更年期障害やエストロゲンの減少にともなって発生する骨粗鬆症などに効果があると言われています。

レシチン

レシチンには、細胞膜や神経組織の構成成分として重要な成分であり、コレステロール低下作用も期待されています。

ビタミンB群

エネルギー代謝、新陳代謝を活発にして疲労回復や美肌などに効果が期待できます 。また、セイン系機能の維持にも働くと言われています。

豆乳を飲むだけ!? 豆乳ダイエットのやり方

豆乳は実にさまざまな成分や栄養素を含んでいることがわかりました。豆乳を飲むことは、ダイエット以外にも、健康維持にも良さそうですね。

では、豆乳を「飲むだけ」で痩せられるかと言えば、そんなことはありません。豆乳のカロリーは無調整豆乳100gが46kcalで、調整豆乳100gが64kcal と、飲み物のなかでは低カロリーとは言えません。豆乳がダイエットにいいからと、普段の食事に追加して豆乳を飲み続けると太ってしまう可能性もあります。ダイエットのための豆乳の正しい飲み方を見てみましょう。

食べる前に飲む!食前豆乳ダイエット

食前にゆっくりと豆乳を飲むだけです。 豆乳を飲むことで血糖値がゆるやかに上昇 し、またサポニンの働きもあって満腹中枢が刺激すると考えられています。また食物繊維の働きで、食事の際の急激な血糖値の上昇を抑制する働きがあります。

豆乳を飲んだ満腹感を味わいながら、少し意識して食事を無理なく減らすことで摂取カロリーを抑えましょう。

おやつに飲む!間食置き換え豆乳ダイエット

普段ついつい間食をしてしまう方は、食事以外でお腹が減って間食をしたくなったとき、豆乳を飲むよう心掛けましょう。

コーヒーで割ってソイラテにしたり、甘いものが欲しいときは温めて蜂蜜を少し加えたりすると楽しめます。もっとおやつ感を求める場合は、スムージーにするのもいいですね。

まとめ

豆乳だけ飲んでいれば痩せる、というわけではありませんが、ダイエットの際に起こる 肌荒れ、便秘を防ぎ、健康的に痩せる手助けをしてくれます。ダイエット中の方は、食生活に豆乳を取り入れてみてくださいね。

参考文献:「大豆たんぱく質βコングリシニンの抗肥満・代謝改善効果の新たな分子構造を解明」(論文) / 日本食品標準成分表(文部科学省)

投稿ID:2001