どうにかしたい、ダイエット中の食欲!抑える方法とは

nood公式

ダイエットをしていると妙に沸き起こってくるのが「食欲」。いつも以上に食に気をつかう分、頭の中が「食」のことばかりになってしまいがちです。

ところでみなさん、空腹の原因ってご存知ですか?

イメージでは、胃が空になるからお腹が空くと思われがちですが、実は別のところにも原因があります。

それは「血糖」。

今回は、その血糖と空腹の関係をみながら、少しでも食欲を和らげる方法をご紹介します。

ダイエット中の食欲を和らげる方法

GI値の低い食材を選ぶ

食材は、なるべく血糖を上げにくいものを選び、血糖値の上昇をコントロールすることがポイントです。そうすることで、体脂肪の合成や空腹感にもつながりにくいと考えられています。

血糖には、食材の「GI値」というものが関わってきます。

GI値とは、食後血糖値の上昇度を表す数値です。 この値が大きければ大きいほど、食後の血糖値が上がりやすくなります。GI値が高い食品の代表例でいうと、普段みなさんが食べている白米やジャガイモ等が中でも高いと言われています。

一方で、野菜やナッツ、全粒穀物は、比較的にGI値が低いと言われています。 似ている食材でも、白米より玄米の方がGI値が低かったり、ジャガイモよりサツマイモの方が低かったりと、一見似たような食材でも、GI値が比較的に低い食材もあります。ダイエット中の空腹をなるべく抑えたいときは、選ぶ食材を意識してみるといいですよ。

食事はゆっくり噛んで食べる

ゆっくりよく噛んで食べると、満腹中枢が刺激され、満腹を感じやすくなります。

食事の際に噛むこと意識することはもちろん、お腹が空いたなと思ったら、ガムを噛んで満腹中枢を刺激するのもいいかもしれませんね。

お水などの飲み物をとる

空腹を感じたら、食べ物を口にする前に「お水」がオススメ!

お水をコップ一杯飲むと、気持ちも一旦落ち着き、衝動的に食べたくなった気持ちをおさえられるはずです。

歯みがきをする

歯みがきをすると口の中がリセットされ、食べたい気持ちを抑える効果が期待できます。

また、時間をかけて歯みがきをすることで、少し時間が空くため、衝動的に食べたかった気持ちを落ち着かせることができますよ。

食事は「たんぱく質」を意識して

ダイエット中は、ヘルシーなものを意識するので、食事が野菜に偏ってしまう方もいると思います。

しかし、「たんぱく質」をしっかりとることも大切です。たんぱく質は、代謝UPに必要な筋肉のもとになる栄養素であり、肉や魚、卵、乳製品、大豆製品に多く含まれます。ダイエット中でも食事には、これらのたんぱく質を取り入れることを意識しましょう。

食欲をコントロールして長続きするダイエットを

今回は、血糖と空腹との関わりについてと、食欲を和らげる方法についてご紹介しました。誰でも手軽に始められるような内容もあるので、ぜひ皆さんも試してみてください。無限に襲ってくる食欲を少しでも抑えて、目標体重に一歩でも近づくように頑張りましょう。

投稿ID:2111