一人より二人がいい!? 「誰かとウォーキング」のコツ

nood公式

ウォーキングは本格的なスポーツというイメージがない分、一人で取り組む場合が多いのではないでしょうか。しかし、一人だとなかなか続かないという方は、ウォーキングのイベントに参加して仲間と一緒に取り組むのも効果的です。

ウォーキング、誰とするべき?

ウォーキングを近所のママ友や町内の付き合いで始めるのは、あまりおすすめしません。ウォーキングよりおしゃべりがメインになったり、歩くペースが合わなかったり、また参加の義務感から楽しくなくなったりする可能性が高いからです。
あくまで運動が目的であることを踏まえると、夫婦や恋人同士で行うのが最適でしょう。

夫婦でウォーキング

夫婦や恋人同士でウォーキングする場合、自宅周辺のコースを設定することになるでしょう。思わぬ冒険が待っているかもしれません。
夫婦であれば、家では普段話せないようなことも話せるタイミングになります。仕事帰りの夜であっても、女性の場合は夫と二人なら安心です。夜のウォーキングは血行を促進し、寝つきがよくなることにもつながります。
また、自宅周辺の知らないスポットの開拓にもなります。普段は通勤時に駅へ歩いて向かう方、また自家用車で移動する方は、意外と徒歩で歩ける範囲について知らないことが多いのではないでしょうか。

恋人とウォーキング

恋人とデートの一環でウォーキングするのもよいでしょう。東京であれば、皇居周辺や大規模な公園、あるいはあえて電車に乗らず数駅を歩いてみるという方法もあります。
ウォーキングはスポーツ専用の格好でなくても可能なのが魅力です。「今日はちょっと新宿から千駄ヶ谷を通って青山まで歩いてデートしよう」と決めてしまうだけでよいのです。ただし、靴は足を痛めないスニーカーにする必要があります。

ウォーキングイベントでモチベーションアップ

ウォーキングを行うにあたって、イベントに参加してみるという方法もあります。普段は行かない場所を巡ることができるのも魅力です。

全国ではたくさんのウォーキングイベントが!

女性一人やカップル、友達同士で参加できるウォーキングイベントが、全国でたくさん開催されています。一言にウォーキングといっても、意外に種類が多いのです。
東京・神奈川で多いのが、都会ならではの人気スポットや歴史的名勝をウォーキングで巡るイベントです。また地方では、土地の絶景や自然を楽しみながらウォーキングするという趣旨のイベントが多数、開かれています。2〜10kmと幅広い距離が選べます。
最近多いのは、地方の食、温泉、歴史、自然を、ウォーキングを通して全て味わえるという趣旨のイベントです。こちらは外国人にも大変人気があります。

変わったウォーキングイベントも!

ウォーキングイベントには、単なる運動の目的だけでないものもあります。参加者を広告代わりに使用するような場合です。
ウォーキングイベントはたくさんの人が気軽に参加できるため、チャリティーの目的で開催される場合も多いです。病気の啓発、発展途上国の支援、自然保護など、様々な趣旨のチャリティーウォーキングがあります。

種類別のウォーキングイベントもある?

ウォーキングイベントには、よりスポーツ化したものもあります。こちらは専門性が高くなるため、スポーツとしてある程度ストイックに取り組みたい方には向いているかもしれません。
ノルディックウォーキング  は、スキーで使うような2本のポールを使ってウォーキングするという競技です。もともとクロスカントリースキーの選手が夏場のトレーニング方法として始めたものです。
また山を歩くトレッキング  も、ウォーキングの一種といえます。こちらは装備を揃える必要があるため、ある程度どういう山を歩きたいかというビジョンを持ってから取り組むとよいでしょう。

ウォーキングでダイエット効果を高めよう!

ウォーキングイベントは開催数も多く、知らない街を歩くのにもってこいです。ぜひウォーキングを続けるモチベーションとして、ウォーキングイベントに参加してはいかがでしょうか。

投稿ID:2541