色素沈着が心配!落ちにくいティントリップのクレンジング

nood公式

一気にコスメ売り場に増えたティントリップ。トレンドのメイクに欠かせないので、愛用している人も多いですよね。
 もちろん全ての人が必ず荒れる、というわけではありませんが、唇が荒れたり、落としきれずに困っている人も多いのでは?

ティントリップで色素沈着?

普通の口紅やグロスより荒れるとすれば、それはティントリップの唇を染めるように色をつける染料にあります。口紅との違いは、ティントは色をのせるのではなく染めていること。それだけ唇に負担がかかるので、成分が合わなければ荒れます。
とはいえ唇は他の部分に比べて代謝が活発で、ターンオーバーによって剥がれるので、よほどの事でもない限り色素沈着に至るほど着色してしまうということはありません。 

ティントリップをつける前に荒れにくい唇をつくる

ティントリップは唇に油分があるとムラになりやすいものが多いので、塗る時はリップクリームを塗らないか、ティッシュオフしておいた方が綺麗に仕上がります。
唇が乾燥しやすい方は、オイルタイプやバーム一体型など、保湿に考慮しているティントリップを選びましょう。
また普段から、唇のケアをしておきましょう。 

  1. 蒸しタオルなどで唇を温め、血行を促進すと共にふやかす。
  2. スクラブでマッサージをするか、リップクリームをたっぷりと塗り、綿棒で優しくスライドさせるようにしながら、皮むけを取り除く。取りきれず、気になる皮むけ部分があれば、眉バサミなどでカットする。

ティントリップの落とし方

唇を染めるティントリップには、専用のリムーバーを使うのがベターですが、通常のクレンジングでも対応できます。
ただクリームやシートだと浸透しにくいので、オイルなど、クレンジング力も高く、液体タイプのクレンジングで、くるくるとマッサージをしながら、ぬるま湯で流しましょう。

ティントリップオフ後の保湿

クレンジングしてリップティントを落とした後は、保湿をしっかりとしておきましょう。リップクリームや、ワセリンと蜂蜜を11で混ぜたもので保湿するのがおすすめです。 

しっかりケアもしながら、おしゃれを楽しみましょう。

投稿ID:2572