ダイエット中に選びがちなヘルシー食材の落とし穴

nood公式

スーパーで買い物する時、「カロリーが低そう」という基準で食材を選んでいませんか?
もしかしたら、ヘルシーだと思って選んでいた食材は、意外と糖質が多い食材かもしれません。
今回は、ダイエット中に選びがちだけど、食べる量には注意が必要な食材をご紹介します。
自分の食生活を見直し、食べ方を工夫するきっかけにしてくださいね。

 ヘルシーに思われがちな糖質が高めな食材

野菜だからって油断大敵!「高糖質野菜」

ダイエット中は、野菜を多く食べようと意識する方が多いかと思いますが、野菜だからといって、たくさん食べても太らないと思っていませんか?
実は、野菜の中には、糖質が高めな野菜もあるのです。
例えば、じゃがいもやとうもろこしやかぼちゃなどの野菜はカロリーが高く、糖質も他の野菜より多く含まれています 。
ただ、これらの野菜は健康に良い成分も多く含んでいるため、全く食べてはいけないというわけではないので、分量と他の野菜との組み合わせを考えて食べる事がおすすめですよ。

低カロリーに騙されないで!おでんの定番「はんぺん」

はんぺんは、カロリーが低いイメージですが、糖質は少し高めなのをご存知ですか?
1枚あたり(約100g)に含まれる糖質量は11.4gです。
これを角砂糖に換算してみると、約3個分になります。
カロリーが低めだからといって、何枚も食べると糖質の取りすぎになる可能性があるため注意しましょう。

ヘルシーイメージが強い「春雨」

ダイエット食材としてヘルシーイメージの高い春雨。
コンビニでもカップスープ等で販売されていて、安く手軽に買えるのがいいですよね。
しかし、春雨は意外と糖質の多い食材です。

春雨(茹で)100g  あたりに含まれる糖質量19.1g。
これを角砂糖に換算してみると・・・約5個分
ヘルシーと勘違いして食べ過ぎるとカロリー過多になる可能性も。食べる量には気をつけてくださいね。

 茹でたらパッと食べられる「そうめん」

そうめんってさっぱりしていて、なんとなくカロリー低そうなイメージはありませんか?
そうめんは、素材のほとんどが小麦粉で作られている為、炭水化物の多い食品に入ります。
もし、そうめんをダイエット中に食べる場合は、量を調整して食べるようにしましょう。

 ヘルシー食材を選ぶ時は糖質にも気をつけて!

ダイエット向きと思っていた食品も、意外糖質やカロリーが高い食材もあるようです。
しかし、これらの食材は全く食べてはいけないというわけではありません。他の食材には無い、様々な栄養も含まれているので、食べる量に注意して食べるようにしてくださいね。

監修:管理栄養士 上野実咲

投稿ID:2704