ストレッチでダイエット効果アップするためのポイント

nood公式

身体の柔軟性を高めるストレッチ。筋肉や関節の柔軟性に欠ける運動不足の人ほど、ぜひ実行したいエクササイズ前の習慣です。そしてストレッチには他にもダイエット成功をサポートするさまざまな効果がありました。この記事ではストレッチのダイエット効果を中心にご紹介します。

ストレッチをするとどんな効果がある?

まずストレッチとはどんな運動かを知ろう

ストレッチといえば運動前の準備体操と考える人は多いのではないでしょうか。ストレッチとは筋や関節を伸ばす運動です。ヨガやピラティスも広義ではストレッチの一種といえます。しかし、実はストレッチにはそのほかにもさまざまな効果が期待できることがわかってきました。

ストレッチは身体の故障を防ぎ柔軟性を高める

ストレッチは広い場所や特別な道具を必要とせずに行える、思い立ったらすぐ始められる運動習慣。しっかりと関節や筋肉を伸ばすことで柔軟性を高めることができます。
それをサポートしてくれるのがストレッチ。運動になれていない人ほど、ストレッチは大切なウォーミングアップ・クールダウンです。

ストレッチには美姿勢・リラグゼーション効果も!

ストレッチの研究が進み、美しい姿勢のキープやリラクゼーション効果が期待できることがわかってきました。30分程程のストレッチを実行した後は、リラックス度を高めるアルファ波が増幅されたという実験結果が発表されています。

ダイエット効果も期待できる!ストレッチメニュー

ストレッチ実施時は呼吸をしっかりと深く

精神的な緊張は筋肉も緊張させます。また、呼吸を止めることでも筋肉が緊張してしまいます。ストレッチ実施時はリラックスして呼吸を続けることをおすすめします。

身体の主要部位を軽くほぐす習慣を!

関節をよく動かし、身体の柔軟性を高めることが、怪我の予防において大切です。首、腕、足などの身体の主要部位をストレッチでほぐす習慣をつけましょう。
そして、運動前後以外にも簡単なストレッチは気分転換におすすめです。たとえば30秒1セットで、後ろで腕を組みすこし頭を上にあげる「チェストストレッチ」は猫背解消にも効果があります。

寝る前の簡単ストレッチを習慣にしよう!

寝る前の簡単ストレッチは安眠作用もありおすすめの就眠儀式です。
次のようなストレッチを3回程度行うと、翌朝の体の動きが違ってきます!膝が曲がらないように注意して行ってみてください。
1.両脚をまっすぐ揃えて座ります
2.息を吐きながら上体を倒します

ストレッチは筋トレ効果を高め故障を防ぐ大切な運動!

ストレッチは広い場所や道具が必要なく行えることから、愛好者が増えている運動です。そして、身体の故障を防ぐ大切な運動であるうえに、ダイエット効果を高めリラックス効果も期待できます。
ぜひ、運動の前後や休憩時、就寝前などにストレッチを行ってみてください。

参考文献:厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト」

投稿ID:3133