歩くだけで痩せる⁉︎ 正しいダイエットウォーキング術

nood公式

あなたは自分の歩き方を意識する事はありますか?
実は、歩いている時の姿勢を少し変えるだけで痩せ見えできたり、さらにウォーキング効果も高まったりするのでダイエットにもおすすめなんです! 

より美しく、より効果を高める「ダイエットウォーキング術」についてご紹介します。  

ウォーキングには良いことがたくさん

まずは、歩くと身体にどんな良いコトがあるのか3つのメリットを紹介します。 

身体のシェイプアップ 

ウォーキングは比較的弱い力が筋肉にかかり続ける有酸素運動。20分以上続けることで、体脂肪や肥満の解消に効果が期待できます。
ダイエットはしたいけど運動が苦手という方でも、ウォーキングでだったら負担なくできそうですよね。

気分をリフレッシュ 

ウォーキングにより、β-エンドルフィンといった脳に幸福感をもたす物質や、心を落ち着かせる効果があるホルモンが分泌されると言われています。 

生活習慣病予防 

普段より10分多く歩く事で、国民病とも言われている生活習慣病のリスクを3.6%、がんのリスクを3.2%減らせる事が報告されています。
参考:厚生労働省「健康寿命をのばそう!Smart Life Project」

これで効果アップ!?  ダイエットウォークキング術 

今回は、痩せ見えも叶うダイエット効果UPの痩せウォーク術をご紹介します。 

 足の着き方 

あまり意識する事の少ない足の着き方。実は大事なポイントがあります。  

<良い足の着き方例>
かかとの外側から接地し、親指からゆっくりと離れていく
さらに大股で歩くと、脚の引き締めにも効果的です! 
▶︎詳細は動画でチェック! 

悪い例:足全体で着地していて足の小指から離れている。
良い例:かかとの外側から着地していて、足の親指側から離れている。

 膝の向き 

膝の向きを意識することでウォーキングの効果アップ。

<正しい膝の向き>
膝と足の向きが前を向いている状態
膝と足の向きを正面に向けるだけで内ももやお尻のシェイプアップ効果が変わってくると言われています。
▶︎詳細は動画でチェック! 

悪い例:膝が内向き、つま先が外向きになっている
良い例:膝とつま先の向きが正面を向いている

ウォーキングと骨盤の関係? 

 

脚だけを意識したらいいと思ったら大間違い!実は、骨盤にも意識を向けて姿勢を正すことも大切なんです。

骨盤の状態 

お腹が気になる方がウォーキングをするときに、特に注意してほしいのが骨盤の向きです。 

<正しい骨盤の向き>
骨盤が前に傾きすぎておらず、おへそがまっすぐ前を向いている
お腹やお尻の引き締めにも効果的です。
▶︎詳細は動画でチェック! 

歩き方の正しい姿勢
悪い例:おへそが下を向き、お尻が上がっている
良い例:おへそが上に引き上がり、正面を向いている

少し意識をするだけでも、ウォーキングの効果は変わってきます。正しく歩くことで、正しい姿勢を保つことができ、いつもよりもダイエット効果が期待できます。ぜひ日常から歩き方を意識してみてください。

投稿ID:578