今さら聞けないマッサージの基本

nood公式

マッサージをダイエットに取り入れることで期待できる効果といえば、リンパの流れや血行が良くなることです。これにより、身体に溜まっていた老廃物が流れ、ほっそりと見えることがあります。特に、顔や足などむくみがちな方は、体感しやすいかもしれません。
他のうれしいポイントとしては、血流やリンパがスムーズに流れていくことで体温が上昇し、次第に基礎代謝が上がっていくこともあります。

マッサージの方法

では、実際にマッサージダイエットの方法をご紹介していきましょう。入浴中や入浴後にマッサージを行うと、血液の流れが良くなっている状態なので、より効果が期待できるといわれています。お風呂の中でのマッサージもおすすめです。

STEP1 まずは足の先からほぐしていきましょう。指先や足の裏などをしっかりともみほぐしてください。

STEP2 ふくらはぎと太ももを下から上へと擦ります。この動きによって、リンパ液を下から上へと流していきましょう。このとき、リンパ節のある膝裏と股関節も揉みほぐしてみてください。
リンパ節はリンパ液を濾過するような役割があるので、つまりをほぐすようなイメージで行いましょう。

STEP3 股関節とお尻をしっかりと揉みほぐします。こちらも下から上へと持ち上げるように意識しながら揉みほぐしましょう。

STEP4 脂肪が気になりやすいお腹周りを揉みほぐしていきます。お腹やわき腹についているお肉を中央に寄せてみたり、ひねったりしてほぐしてください。

STEP5 手首、腕、二の腕も揉みほぐしましょう。手首から脇に向かって流すようにマッサージします。脇にリンパ節があるので、ここを優しく揉みほぐしましょう。

マッサージをする上で、注意すべきこと

マッサージを行う上で気をつけたい、いくつかの注意点について見ていきましょう。

強い力でマッサージをしない

適度な力で揉みほぐせば、効果が期待できるダイエット方法ですが、あまりに強すぎる力で行ってしまうと、かえって逆効果になる可能性があります。
また、揉み返しや体調を崩すこともあるので注意が必要です。マッサージをすることで刺激されるリンパは非常に薄くてデリケートなものなので、優しく揉みほぐしてあげましょう。
滑りを良くするために、マッサージオイルやクリームを使うのもおすすめです。自分の好きな香りを使うとさらにリラックス効果も期待できます。

食後、飲食後は控える

食後や飲酒後は極力マッサージを控えるようにしてください。特に食後すぐのマッサージは、消化不良の一因となる可能性があります。飲酒後も、血流が促されることによってアルコールが回りやすくなってしまうので注意が必要です。

継続は力なり

マッサージをしたからといってすぐに効果に期待できるというわけではありません。定期的に行うことで、むくみの気にならない体づくりをしていくことが大事になります。毎日の入浴後や就寝前など自分でルールを決めて、継続するようにしてみてください。

最後に

痩せるためには強くもみほぐすことが必要だと思っていた方もいるかもしれません。しかしマッサージダイエットは、やさしい力でもむくみを改善して体をすっきり見せてくれる効果が期待できます。
ぜひ、マッサージの正しい方法や注意点についてしっかりと理解して、ダイエットに役立ててみてくださいね。

投稿ID:637